« 県民投票野告示 | トップページ | 取材 »

2019年2月17日 (日)

運営会議の開催

 市民政党「草の根」の第13回運営会議が、岩国市福祉会館で開催された。
 昨年の事業報告と決算、今年の事業計画と予算(案)が承認された後、4月の県議選に向けて、井原すがこの決意表明が行われた。
 会場一杯の参加者が心を一つにすることができた実り多い会となった。
 私の冒頭の挨拶の趣旨は、次の通り。
「沖縄の県民投票と同様、岩国の住民投票の意義は大きく、その民意は今も重いもの。それを実現することができていないことが残念であり、責任を痛感している。しかし、終わったわけではない。基地被害が少しでも軽減されるよう、さらに言えば、市民の意思が尊重され、市民が安心して生活できるよう地域になるようみなさんと一緒に努力をする。」
0216uneikaigi

人気ブログランキングへ

|

« 県民投票野告示 | トップページ | 取材 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

県民投票の動きと並行して、石垣市では
島への自衛隊配備の賛否を問う住民投票の
実施を求める請願が、実に有権者の4割に
及ぶ署名を集めて為されたのですが、
議会が可否同数、議長裁決で却下すると
いう、許し難い事態も起こりました。
やはり、ガラス張りの民意が表明される
ことになる住民投票を、密室談合で物事を
進めることに馴れきった為政者の連中が
相当の破壊力を伴う脅威と認識している
ことが良く解ります。
国政政党、とりわけ在野の諸党には、
国民が諸課題についての意見表明を
日常的に行うことが出来る、恒常的制度の
創設を求めたいと思います。

投稿: 「ガラス張りの民意」 | 2019年2月18日 (月) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運営会議の開催:

« 県民投票野告示 | トップページ | 取材 »