« 取材 | トップページ | 県民投票を受けて »

2019年2月24日 (日)

沖縄県民投票を受けて

 予想された通り、「反対」が圧倒的多数を占める勢いとのこと。
 選挙と違い、特定の政策に関して県民投票で示された民意は重い。
 民意を受けない政策に正当性はなく、辺野古移設を強行すれば、県民の反発はさらに強まりこの問題は決して解決しない。さらに、沖縄県の基地問題の枠を超えて、この国の民主主義が問われることになる。
 政府は、この結果を踏まえて、沖縄県民の思いに真摯に向き合うこと。
 もちろん、一旦工事を中止して、アメリカ側と再協議を行い、普天間基地の撤去はもちろん、名実ともに沖縄の基地負担の軽減につながる解決策を探るべき。

人気ブログランキングへ

|

« 取材 | トップページ | 県民投票を受けて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

岩国の時もそうでしたが、政府=自民側の
直接投票による市民の意思表明ということ
に対する態度は、
市民そのものに働きかけることにより
賛同を求めるということは放棄して、
市民の意思表示そのものを敵視し拒絶する
という、
およそ民意というものに対しての誠意の
かけらもない、 “支配者” としての
傲慢な敵意を露骨に感じさせる
醜いものでした。
思えば、この間の “安倍立法” の主だった
ものは、議員に、ではなく直に国民に
個別具体的に賛否を問うていれば、
その大半は “却下” されて
いたであろうことを考えると、
「民意の反映を拒む議会制度」とは
一体何であろうかと、深刻に考えざるを
得ないのではないでしょうか。

投稿: 「民意を拒む “代議制” 」 | 2019年2月25日 (月) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県民投票を受けて:

« 取材 | トップページ | 県民投票を受けて »