« 安保法制違憲訴訟 | トップページ | 沖縄県民投票 »

2019年1月24日 (木)

上関原発訴訟判決

 祝島の漁業者や自然保護団体が、山口県に対して上関の埋め立て許可の取り消しを求めた訴訟で、山口地裁は、「原告は裁判を起こす資格がない」として訴えを却下。
 行政訴訟ではよくあることだが、中身の議論に踏み込まないままに門前払いでは、司法が機能しているとはとても言えない。
 原発ができれば、周辺の漁業に大きな影響を与えることは明らかであり、また、事故が起これば、さらに広範囲に市民生活を破壊することになる。
 原発設置の重大性に鑑みれば、原告適格ももっと広範囲に認めるべきである。

人気ブログランキングへ

|

« 安保法制違憲訴訟 | トップページ | 沖縄県民投票 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/67624744

この記事へのトラックバック一覧です: 上関原発訴訟判決:

« 安保法制違憲訴訟 | トップページ | 沖縄県民投票 »