« 上関原発訴訟判決 | トップページ | 岩国爆音訴訟 »

2019年1月25日 (金)

沖縄県民投票

 不参加を表明していた5市長も、選択肢が増えたことにより方針転換、参加の意向とのこと。
 全県で実施されることになれば、喜ばしいこと。
 「二者択一で漏れる民意を拾うことができる」「県議会の譲歩を高く評価したい」
 市長たちがあげた方針転換の理由であるが、そもそも、県議会の議決の内容、県民投票の方法などにつき、他の自治体の首長が文句をつける権限はないはずだが。

人気ブログランキングへ

|

« 上関原発訴訟判決 | トップページ | 岩国爆音訴訟 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

二択で問うたのでは “勝ち目” がないことが
明確なので、反対票の比率を少しでも低減させて
それを “手柄” にし、
皆が反対しているわけではない、と
強弁する口実を手に入れよう、
そう言う低次元の ”取り引き“ で、
それはそれで一定の成果と評価したと、
その程度のところなのでしょう。
岩国の住民投票のときにも、今だ市議会議長に
居座る人物が、似たようなことを主張していたのを
思い出しました。
この国を、”うわべ“ に囚われて民主制であるとか、
自由社会であるとかと考えるから対応を間違える
のであって、
全体主義社会が機能不全を起こしている状態、
そう理解した方が的確な対処法を導くことが
出来る、と言われている方がいて、
なるほどそうかもと思いました …

投稿: 「奇妙な手打ち」 | 2019年1月26日 (土) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県民投票:

« 上関原発訴訟判決 | トップページ | 岩国爆音訴訟 »