« 辺野古へ土砂投入へ | トップページ | 県民投票(2) »

2018年12月 4日 (火)

県民投票

 沖縄宜野湾市議会が、県民投票に反対する意見書を可決。
 主権者たる県民、市民の意思に基づいて政治を行うという民主主義の原則から言えば、誰も反対できないはず。
 しかし、岩国の住民投票でもそうであったが、議員たちは反対に回ることがよくある。なぜか、彼らは、自分たちと違う意思が示されることを嫌う。勝手に政治を進めることができなくなるから。そこには、民意を尊重するという発想はない。
 選挙で選ばれた政治家が、主権者が意思表明する機会を奪うことは、自らの拠って立つ根拠を否定するに等しい行為。

人気ブログランキングへ

|

« 辺野古へ土砂投入へ | トップページ | 県民投票(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/67450555

この記事へのトラックバック一覧です: 県民投票:

« 辺野古へ土砂投入へ | トップページ | 県民投票(2) »