« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

今年を振り返って

 モリ・カケ問題、お友達が優遇され、行政が捻じ曲げられる。
 外国人労働者の受け入れ拡大、派遣など非正規雇用の拡大に加えて、本格的な外国人労働者の受け入れにかじをきり、日本の雇用が壊される。
 IWC(国際捕鯨委員会)からの脱退・・・
 これらすべてに、安倍首相とその取り巻きが関わり、その利益が優先される、恣意的な政治が横行している。
 岩国では、艦載機の移駐が完了し、騒音被害は想像を超える
 辺野古では、圧倒的な民意を無視して、埋め立てが強行される。
 とても民主主義国家とは言えない・・・現実

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月30日 (日)

日韓関係

 20日、韓国の軍艦が、日本海で自衛隊の航空機に対して射撃用のレーダーを照射するという事件が起き、慰安婦問題、徴用工問題に加えて、さらに日韓関係が悪化する事態になっている。
 隣国との関係は重要な外交案件であるが、残念ながら、近年急速に冷えこんでいる。
 先方にも問題はあるかもしれないが、こちらの対応も褒められたものではない。
 いきなり映像を公開して相手を責めるだけでは問題をこじらせるだけ。
 両者が冷静に事実関係を調査し、共通の認識にもとで今後の対応を議論すべき。
 「外交の安倍」と言われるが、アメリカの顔色ばかり窺っていないで、近隣諸国との外交をもっとしっかりやって欲しい。
 ちなみに、今回の韓国駆逐艦の名称は、「広開土大王」とのこと。5世紀頃に活躍した高句麗の有名な王様の名前(「好太王」とも言われ、その石碑が日本の歴史教科書にも登場する)であり、韓国の時代劇にも登場する。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日韓関係

 20日、韓国の軍艦が、日本海で自衛隊の航空機に対して射撃用のレーダーを照射するという事件が起き、慰安婦問題、徴用工問題に加えて、さらに日韓関係が悪化する事態になっている。
 隣国との関係は重要な外交案件であるが、残念ながら、近年急速に冷えこんでいる。
 先方にも問題はあるかもしれないが、こちらの対応も褒められたものではない。
 いきなり映像を公開して相手を責めるだけでは問題をこじらせるだけ。
 両者が冷静に事実関係を調査し、共通の認識にもとで今後の対応を議論すべき。
 「外交の安倍」と言われるが、アメリカの顔色ばかり窺っていないで、近隣諸国との外交をもっとしっかりやって欲しい。
 ちなみに、今回の韓国駆逐艦の名称は、「広開土大王」とのこと。5世紀頃に活躍した高句麗の有名な王様の名前(「好太王」とも言われ、その石碑が日本の歴史教科書にも登場する)であり、韓国の時代劇にも登場する。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月29日 (土)

正月三が日の飛行

 岩国基地が正月三が日の飛行を最小限にすると発表したとのこと。
MCAS Iwakuni has directed that only the absolute minimum level of mission-essential flight activity will be permitted aboard the air station from 1-3 January.
「どんなに被害が出ようと、軍の運用上必要なものはやる」というのが、彼らの一貫した論理であり、今回もそレは同じである。
 日米協議会では、「飛ばない」と確認されているが、さてどうなるか。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月27日 (木)

取材

 沖縄の新聞の取材があり、岩国の住民投票の経緯を説明した。
 住民投票は、選挙と違い、お金や力などが介在せず、政策に関する民意を測る手段として有効である。
 まちの将来を左右する重要な問題が生じた場合には、議会と首長だけで意思決定するのではなく、民主主義の原点に返って民意を確かめる必要があると考え、常設型の住民投票条例を作っておいた。
「日本は間接民主主義であり、直接民主主義の手法である住民投票はなじまない」とする意見があるが、違う。民主主義と言うなら、民意を聞くことに躊躇してはならない。民意を踏まえた上で議会で十分に議論すればいいのであって、むしろ、間接民主主義を補完するものである。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月26日 (水)

プーチンの発言

一部マスコミに、面白い記事あり。プーチン大統領の記者会見より抜粋。
(北方領土を日本に返した場合に米軍基地が置かれる可能性について
「日本が決められるのか、日本がどの程度主権を持っているのか分からない」
(辺野古について)
「知事が基地拡大に反対しているが、(日本政府は)何もできない。人々が撤去を求めているのに、基地は強化される。みんなが反対しているのに計画が進んでいる」
 プーチンの言っていることは、あたっている

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プーチンの本音

一部マスコミに、面白い記事あり。プーチン大統領の記者会見より抜粋。
(北方領土を日本に返した場合に米軍基地が置かれる可能性について
「日本が決められるのか、日本がどの程度主権を持っているのか分からない」
(辺野古について)
「知事が基地拡大に反対しているが、(日本政府は)何もできない。人々が撤去を求めているのに、基地は強化される。みんなが反対しているのに計画が進んでいる」
 プーチンの言っていることは、あたっている

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月25日 (火)

天皇陛下の会見

 23日の天皇誕生日の会見から、一部気になったところを抜粋する。
「沖縄は、先の大戦を含め実に長い苦難の歴史をたどってきました。私は皇后と共に11回訪問を重ね、その歴史や文化を理解するよう努めてきました。沖縄の人々が耐え続けた犠牲に心を寄せていくとの私どもの思いは、これからも変わることはありません。」
「先の大戦で多くの人命が失われ、また、我が国の戦後の平和と繁栄が、このような多くの犠牲と国民のたゆみない努力によって築かれたものであることを忘れず、戦後生まれの人々にもこのことを正しく伝えていくことが大切であると思ってきました。平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵(あんど)しています。」
 天皇の平和に対する強い思いが伝わる。 
 辺野古の問題にも少し触れていただいたら・・・

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月24日 (月)

迷惑メール

 スマフォに迷惑メールがたくさん来る。
 もちろん、開封せず少し放っておくとドンドンたまる。
 現在、151件。
 着信拒否などの設定ができるはずだが、よくわからない。
 メールアドレスを変更した方がいいのだろうか。
 日々の生活に欠かせないものだけに、不都合が起こると困ってしまう。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月20日 (木)

来年度予算案

 来年度予算がほぼ確定。101兆円を超えるという。
 増大する社会保障費が賄えないとして、自己負担の増加などでその経費を削減しながら、消費税対策や幼保無償化、防衛費などには大判振舞い、もちろん、新幹線や道路などの公共事業もそのまま。
 10年くらい前には80兆円程度だったが、際限もなく増加している。
 限られた財源を、国民生活の向上のために優先順位をつけて効率的に使う。言い換えれば、不要不急のものは後回しにし、或いは切り捨てる。当然反発も起こるので難しいかもしれないが、それが政治の重要な役割。
 しかし、今の政治は、各方面からの要求をただ積み上げるだけで切ることができず、足らないところは借金で賄う。こんなのは政治ではないし、財政がもたない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

県民投票(2)

 関連予算の否決をうけて、宮古島市が県民投票を実施しないと表明。沖縄県全域で実施できない可能性も。
「二者択一では、多様な意見が反映されない」
「知事選で民意が出ているので、さらに県民投票を行う必要はない」
 反対の理由であるが、そもそも、民主主義というなら、住民投票に反対する理由はない。
 それでも反対するのは、違った結果が出ることを恐れているだけ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月17日 (月)

空母の出港

 日本もいよいよ空母を持つという。
 護衛艦「いづも」を改修して、事実上空母化する。
 政府は、「多用途運用護衛艦」であり、「攻撃型空母」ではないとするが、最新鋭のステルス戦闘機F35Bが、垂直に離発着できるようにするというから、立派な空母である。
 本当に空母が必要だというのなら、名称などでごまかさず、きちんと説明して国民の理解を得るべきである。憲法9条との関係も含めて。仮に国民の理解が得られなければそうした政策はやめるべきである。
 みんなの理解が得られないので言葉でごまかすというのは、とても民主主義とは言えない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

辺野古への土砂投入

 14日、辺野古への土砂投入が始まった。
 関係者のコメントは、次の通り。
「激しい憤りを禁じ得ない。一刻も早く工事を進めて既成事実を積み重ね、県民を諦めさせようと躍起になっている」「民意をないがしろにして工事を進めることは、法治国家や民主主義国家ではあってはならないことだ」(知事)
「全力で埋め立てを進めていく」(官房長官)
「抑止力を維持しつつ沖縄の負担を軽減するためには、辺野古という方法しかない」(防衛大臣)
 仮に抑止力の維持が必要だとしても、その方法はいくらもある。辺野古以外に解決策はないとするのは、思考停止に陥っているだけ。
 圧倒的な民意を押しつぶして強引に埋立を進める、安倍さんの言葉とは裏腹に、この国の政治が民主主義とは似て非なるものであることを自ら証明している。
 目の前で大切な海が埋め立てるのを見せられる、沖縄の人たちのやるせなさ、苦悩はいかばかりか。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

墜落事故

 2~3日前に聞いたことのないような異常な轟音がしたことがあったが、今回の事故による犠牲者を弔うために急上昇するという特別な飛行が行われたとのこと。

 そのことをとやかく言うつもりはないが、何の情報もなく、私たちを不安にさせる。

 遭難者の捜索活動が続いていたが、最終的に生存者1名、死亡者6名と発表された。

 もちろん、面識があるわけではないが、遠く異国の海に散った彼らの冥福を祈るとともに、ご家族にお悔やみを申し上げたい。

 I express my sincere condolences on their families.

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

飛行停止

 6日の空中給油機とFA-18ホーネットの墜落事故について、米海軍安全センターは「2機が空中給油の任務中に衝突した」ことを明らかにし、事故の深刻度を示す4段階のうち最も重大な「クラスA]に該当すると判断したとのこと。
 にもかかわらず、山口県や岩国市は、正式に飛行停止を求めないという。山口県は、開会中の県議会で、井原すがこの質問などに対して、「飛行停止は米側が自主的に判断すべき」と繰り返し答弁。まるで他人事、県民の安全を守るという自覚と責任が感じられない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

入管法の成立

 徹夜国会の末、本格的な外国人労働力の受け入れに道を開く入管法改正案が成立。
 失踪者が7,000人にも達し、自殺者も多数出るなど問題が噴出しても、データをごまかし問答無用のゴリ押し。
 日本人の雇用と外国人の人権に関わる重大な問題であり、将来に大きな禍根を残すことになる。
 議論もしないで政府の言いなりでは、国会の役割を放棄しており、国権の最高機関の名が泣く。
 名称も国会議事堂ではなく、「政府下請け機関」とでもした方がいい。
1209

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

相次ぐ米軍機の墜落

 四国沖で、岩国基地所属のFA-18と空中給油機KC130空中給油機が衝突、墜落したとのこと。先月には、沖縄沖でやはり岩国基地所属の空母艦載機FA-18が墜落しており、重大事故が相次いでいる。
 これが市街地の上空だったらと、市民の不安が高まっている。
 早速、山口県と岩国市は、原因究明と再発防止の要請を行っているが、どうしたわけか、いずれも「飛行停止」には言及していない。
 市民の安全を第一に考えれば、飛行停止を求めるのは当然であろうが、国から何か言われているのか、及び腰である。
 お金をもらうと何も言えなくなる。
 県議会の様子とともに、市民政党「草の根」として、Facebookに関連記事を掲載しているのでご覧ください。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

県民投票(2)

 民意を測る手段として、通常は選挙が行われるが、実は、選挙は、政策に関する民にを測る手段としてはなはだ不十分である。選挙は、人を選ぶものであり、そこには、お金や圧力、企業や団体の意向、世襲などの様々な力が働き、むしろ民意を反映しない場合が多い。
 もちろん、住民投票にも問題はあるが、選挙のような余計な力が働く機会はすくなく、現行の制度な中では民意を図る手段として優れている。
 誰にもじゃまされることなく、自由に投票が行われ、そして、その結果が政治に反映される。
 こうした住民投票が、当たり前に行われるようになれば、政治が変わる。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

県民投票

 沖縄宜野湾市議会が、県民投票に反対する意見書を可決。
 主権者たる県民、市民の意思に基づいて政治を行うという民主主義の原則から言えば、誰も反対できないはず。
 しかし、岩国の住民投票でもそうであったが、議員たちは反対に回ることがよくある。なぜか、彼らは、自分たちと違う意思が示されることを嫌う。勝手に政治を進めることができなくなるから。そこには、民意を尊重するという発想はない。
 選挙で選ばれた政治家が、主権者が意思表明する機会を奪うことは、自らの拠って立つ根拠を否定するに等しい行為。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

辺野古へ土砂投入へ

 政府は、今月中旬にも辺野古への土砂投入を開始する予定とのこと。
 沖縄県は、これに強く反発し、さらなる対抗策をとるとのこと。
 ただ、いくら法的な措置をとっても、その都度国は法律の趣旨をねじ曲げ強引に進めてきており、もはや通常の方法では止めることができない。
 沖縄の人たちの思いを考えると、いたたまれない気持ちになる。
 民主主義にも法律にも反する無法な措置に対しては、尋常でない行動をとる以外にないのかも。知事自ら先頭に立つ覚悟も・・・。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

艦載機の帰還

 報道によると、先月29日に、空母ロナルド・レーガンの艦載機約40機が岩国基地に帰還したとのこと。新聞に7〜8機の編隊飛行をしている写真が掲載されていたが、こんな状態で岩国の空を飛んでいるのかと強い違和感を感じた。
 翌日には、早朝7時頃から轟音が響きわたり飛び起きた。その日は1日中轟音が響いていたが、これから、また何ヶ月にもわたってこの音に悩まされるのかと思うと憂鬱になる。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »