« データの改竄(かいざん) | トップページ | 大阪万博 »

2018年11月22日 (木)

慰安婦財団の解散

 韓国が慰安婦財団の解散を決定。
 政府は、日韓合意に反するとして強く反発。
 自民党からは、「レッドラインを超えた」「大使を召喚すべき」などという厳しい意見が出され、日韓関係は悪化の一途。
 政府間の合意を簡単に反古にしていいはずはないが、一方的に非難しても何も解決しない。
 言うまでもなく隣国との関係は重要であり、少し大きな視点から見ると、徴用工も含めて戦争に関する問題を何十年経っても解決できない政治・外交にも問題あり。
 一つには、政府間の話し合いだけでなく、実際に被害を受けた人々の想いに真摯に向き合うという姿勢に欠けるのではないか。

人気ブログランキングへ

|

« データの改竄(かいざん) | トップページ | 大阪万博 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そもそも、現在の二国間の関係の中では、
それほど大きなウェートを占めるような
問題ではないように思うのですが、
日本側も何ゆえにあれほど感情的な扱いを
したがるのか、
それ自体がなんとも不自然に思えます。
もちろん、植民地支配と戦争責任の
当事者であった、戦前の政府との
連続性を自負自認している方々が、
あのような態度であるのは不思議では
ありませんが、
われわれ国民が彼らに同調する必要は
ないでしょう。
人道主義的な見地を優先させる、
度量の広い振舞いを見せたほうが、
日本という国の国際イメ―ジを向上させる
ことに資するのではないでしょうか …

投稿: 「何ゆえ感情的」 | 2018年11月24日 (土) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/67407984

この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦財団の解散:

« データの改竄(かいざん) | トップページ | 大阪万博 »