« ペンス副大統領来日 | トップページ | 北方領土 »

2018年11月14日 (水)

艦載機の墜落

 12日、空母ロナルド・レーガンの艦載機FA-18が、沖縄沖で墜落。
 14日、山口県と岩国市が、米軍基地、防衛省に対して、原因究明と安全対策を求める要請を行った。何故か、要請書には飛行停止を求めるという文言がどこにも見当たらない。
 米軍の回答は、「安全確保のため検査、教育など日々の努力を重ねる」という型通りのもので、事故を深刻に受けとめているとはとても思えない。
 何事もなかったかのように、今日も岩国基地では、艦載機が激しい訓練を行っている。

人気ブログランキングへ

|

« ペンス副大統領来日 | トップページ | 北方領土 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

同じ民族の韓国と北朝鮮が、ただ「政治」が
違うだけであれほどの差異が生じるという
ことを、もっと重要視して然るべきだと思います。
アメリカにしても、もはやかつてのような
帝国主義的な軍事力の有効活用の方途が
閉ざされつつある今、トランプ氏のように
多額の費用を掛けてまで、他国に軍を駐留
させ続けることの合理性を疑問視する
傾向は確実に勢いを増してゆくことでしょう。
さて、国から ”釣った魚に餌はやらない”
状況に確実に追い込められつつあるように
見える現在の岩国市、ここは再び地方自治の権利の擁護と、住民の生活環境の改善を
最優先とするリーダーを選出し、沖縄知事や
オスプレイ首都圏配備に動揺する市民らと
共同しつつ、
国際社会の環境変化も有効に活用しながら、
旧態依然の世界観に拘泥する日本政府に
「最大限の圧力」をかける好機が到来しつつ
あるのではないでしょうか。
「基地を認める」立場の人びとにとっても、
市民結束して政府を「譲歩せざるを得ない」状況に追い詰めてゆくほうが、実利面での
プラスが大きくなると思いますが …

投稿: 「政府に圧力を」 | 2018年11月15日 (木) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/67381576

この記事へのトラックバック一覧です: 艦載機の墜落:

« ペンス副大統領来日 | トップページ | 北方領土 »