« 口利き | トップページ | 日中首脳会談 »

2018年10月24日 (水)

所信表明演説

(首相の所信表明演説より、憲法に関する部分を報道より抜粋)
「国の理想を語るものは憲法だ。憲法審査会で政党が具体的な改正案を示すことで、国民の理解を深める努力を重ねていく。与野党の政治的立場を超え、できるだけ幅広い合意が得られると確信している。国民と共に議論を深め、国会議員の責任を共に果たしていこうではないか。」
 この人の最大の目的が憲法改正であり、限られた時間の中でその実現に突き進む。
 しかし、国民の多くはそんなことは望んでいない。
 あの憲法違反の安保法制を作って平気な顔をしているこの人のもとでの憲法改正などとんでもない。
 憲法を守るために、国民の責任を共に果たす必要がある。

人気ブログランキングへ

|

« 口利き | トップページ | 日中首脳会談 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いきなり政治の話と切り出すと関心を
示さない人も、 税金の話、あるいは
年金の話として切り出すと食い付きが
良くなると聞きます。
直近の “70才まて働ける” の話も、
年金を払いたくない政府が
“70才まで働かせたい” 話、と変換して
伝えることがおそらく効果的なように、
「政府が国民、とりわけその経済生活を
守る」義務から “逃亡” したいという
本音のために憲法を改悪しようとしている …
そんなふうに講釈するのも有効ではない
でしょうか。
平和主義の理念を空洞化させることと並び、
現行憲法の保障する人権概念の及ぶ
範囲を狭めたい、ここが自民党流の
反動改憲の肝であり、現在と将来の
国民の生活に大きな不利益をもたらす
ことになる …
この点を強調して周知徹底する必要が
あると思います。

投稿: 「改憲して何したい?」 | 2018年10月26日 (金) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/67309250

この記事へのトラックバック一覧です: 所信表明演説:

« 口利き | トップページ | 日中首脳会談 »