« 報道より | トップページ | 市議選 »

2018年10月13日 (土)

玉城知事、首相と会談

(玉城知事)
「辺野古新基地建設は認められないという民意が改めて示された」
「安全保障の負担は全国で担うという問題であり、民主主義の問題であるという認識のもと、早急に話し合いの場を設けていただくことを期待したい」
(安倍首相)
 沖縄に多くの米軍基地が集中している現状について「是認できるものではない。県民の気持ちに寄り添いながら基地負担軽減に向けて一つ一つ着実に結果を出していきたい」
 辺野古移設反対という民意が明確に示されたのに、その懸案に触れず、ただ負担軽減と繰り返す。新しい民意をまったく顧みないというのでは、とても民主主義の国とは言えない。

人気ブログランキングへ

|

« 報道より | トップページ | 市議選 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

イデオロギーよりアイデンティティ、
これは沖縄の政界が長年、いわゆる
保革対決の形で進んできたことに対して
翁長知事が、それより大切なことがあるよ
と提起されたスローガンでした。
考えてみれば “日米同盟なくして平和なし”
“国に従えば豊かになれる” も、もはや
相当に陳腐化したイデオロギーの類いと
言って差し支えないと思います。
「身近に基地がある危険」、
「平穏な日常を侵食する生活環境の悪化」
これは抽象度の高い国防などという、
“イデオロギー” より遥かに我々に密着した
「アイデンティティ」を投影する対象と
なるべき事柄ではないでしょうか。

投稿: 「アイデンティティ」 | 2018年10月14日 (日) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/67271029

この記事へのトラックバック一覧です: 玉城知事、首相と会談:

« 報道より | トップページ | 市議選 »