« 辺野古移設で対抗措置 | トップページ | 所信表明演説 »

2018年10月20日 (土)

口利き

 週刊誌の報道によると、片山さつき地方創生担当相が国税当局に口利きをした見返りとして100万円を受け取ったとのこと。
 本人は否定しているが、私設秘書が依頼を受け100万円を受領したことが明らかになっており、言い逃れは難しい。
 過去に繰り返し大きな問題になったことから、「あっせん利得処罰法」が作られ、議員がその影響力を行使して行政に不当な働きかけをすることが禁止された。口利きやあっせんは明らかな違法行為である。
 しかし、片山大臣に限らずほとんどの議員がこうした行為に手を染めている。
「口利きを除いたら議員の仕事がなくなる」とうそぶいた方もいたという。
1020

人気ブログランキングへ

|

« 辺野古移設で対抗措置 | トップページ | 所信表明演説 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

しかし、そもそも議員なり役人なりに “ツテ” の
心当たりがなければ、“口利き” を頼もうにも
どうにもならない訳で、金銭の授受云々以前に
“口利き” が有効となる「縁故主義」を追放する
よう社会を進化させることなしに、
行政が不公平に営まれている実態は永遠に解消
されないでしょう。


投稿: 「遅れた社会」 | 2018年10月22日 (月) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/67294489

この記事へのトラックバック一覧です: 口利き:

« 辺野古移設で対抗措置 | トップページ | 所信表明演説 »