« プーチン発言 | トップページ | 街頭演説 »

2018年9月14日 (金)

プーチンの本音

 クリミヤ半島やウクライナでの領土拡大を見れば、北方領土を返す気などない。これがプーチンの本音だろう。
 安倍さんは何度も会談し個人的信頼関係を強調してきたが、つまるところは経済協力だけとられて肝腎なことは何も進展していないことが明らかになった。
 国と国との交渉は国益が衝突するところであり、個人的親交や感情など何の役にも立たない。
 プーチン大統領の突然の発言に外交の厳しさを改めて思い知らされ、言葉を失い笑うしかなかったのであろう。
 「外交の安倍」などと言われるが、これも上辺だけのようだ。

人気ブログランキングへ

|

« プーチン発言 | トップページ | 街頭演説 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

プーチン氏としては、いわゆる、鎌をかけて反応を
窺った、そんなところでしょうか。
普段、台詞棒読みか、紋切り型の決まり文句しか
発することの出来ない安倍氏が、薄ら笑みでしか
反応出来ず、
事の重大さを理解しないまま “即答” しなかったのは
幸いでした。
ただ、少し考えておかなければならないのは、
安倍氏に限らず、おそらく現在の自民党にとって、
“思想上の敵” ではなくなったロシアが実効支配する
北方領土は、既に重要な感心の対象ではないのでは
ないでしょうか。
ここでも、今の自民党が一般的な国民の意識とは
かけ離れた、ひと昔前の冷戦イデオロギーに
いつまでも固執する、旧態依然の賞味期限切れの
集団であることが明らかになってきます。
安倍氏の祖父、岸信介はアメリカCIAのエージェント
だった …
そうしたDNAから、いつまでたっても “脱皮” 出来
ない、成長出来ない人たちに、未知なる未来を
構想する力を望むことは、到底難しいと思います。
彼らの憲法に関する認識が “反動的”なのはこうした
本質によってもたらされているものであり、
安易な妥協は将来の国民の手足を縛るものと
なるであろうことは間違いないと思われます。

投稿: 「古臭い思想」 | 2018年9月15日 (土) 03時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/67168963

この記事へのトラックバック一覧です: プーチンの本音:

« プーチン発言 | トップページ | 街頭演説 »