« 暴力団とのつながり | トップページ | 3連覇 »

2018年9月24日 (月)

沖縄知事選

 投票日まで1週間となり、接戦だという。
 佐喜真候補の演説を聞いて驚いた。携帯電話の通話料を4割削減するとし、菅官房長官も約束しているという。
 行政でできることならともかく、民間会社の権限に属することを何の根拠があって公約としているのだろう。
 何の根拠もなければ、空手形だし、仮に官房長官が本当に約束しているとすれば、政府あげての公然とした利益供与であり、公選法違反であろう。
 現職閣僚が次々に応援に入るのも通例であるが、選挙応援などしている暇があったら、公務に専念すべきである。

人気ブログランキングへ

|

« 暴力団とのつながり | トップページ | 3連覇 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

携帯料金云々が選挙、しかも地方選挙の公約に
なるというなら、そのうち、例えば岩国の選挙
なら、
“きずなすたじあむに嵐のこんさあとをゆうちする”
それが最大の目玉公約 (撒き餌) である、そんな日が
近いのかも知れません。
ここまで来ると、流石に政府であり自民党が、
教育政策において、ある種の目的意識を持って
子どもたちを “教育” してきた結果がこういう形で
実を結んでいるのか、
と暗い気持ちにならざるを得ません。
初等中等教育の段階で、意識的に遠ざけられてきた
(と思われる) 倫理 (社会思想) や現代社会関係の部分
を充実させることが、もはや必須ではないでしょうか。
日本の現在の停滞は、ある意味で「羊の群れ」を
作るための教育の副作用のようにも思えます。


投稿: 「でずにーらんどにすまほりょうきん」 | 2018年9月26日 (水) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/67204494

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄知事選:

« 暴力団とのつながり | トップページ | 3連覇 »