« 辺野古撤回 | トップページ | イージス・アショア »

2018年8月21日 (火)

障害者雇用のごまかし

(報道より)
「中央省庁が雇用する障害者数を水増ししていた人数が各行政機関合わせて数千人規模に上る。実際の雇用率が0%台になる官庁が複数あることも判明。財務省や経済産業省が水増ししていたことも分かり、疑いのある機関も含めると計7省庁に拡大した。静岡県なども21日、指針違反を発表し、都道府県では計10県となった。」
 この国は、一体どうなっているのだろうか。
 行政のトップの責任重大、内閣総辞職に値する。

人気ブログランキングへ

|

« 辺野古撤回 | トップページ | イージス・アショア »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

統計の数字が信用出来ないというのは、
たとえば中国の軍事費だとか、他所の国の
ものについては散々揶揄した言い方をして
きたように記憶しているのですが …
どうやら、もはやこの国は「法治国家」の
お題目も、「民主主義国」の看板も、
「先進国」の地位も
いずれも疑わしい、ありがたくない意味で
ありふれた “普通の国” に転落してしまった
ことを裏付ける、幾多の証拠に満ち溢れて
いる状況なのではないでしょうか。

投稿: 「誉なき国」 | 2018年8月22日 (水) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/67082199

この記事へのトラックバック一覧です: 障害者雇用のごまかし:

« 辺野古撤回 | トップページ | イージス・アショア »