« 西日本豪雨 | トップページ | 定数増 »

2018年7月10日 (火)

豪雨災害よりカジノ審議

 5日夜、豪雨が続く中、首相初め閣僚たちも出席して自民党の大宴会が開かれていた。
 未曾有の大災害であり、政府が一丸となって対応すべきときに、10日、国会ではカジノ法案の審議が行われ、国土交通大臣や局長たちが出席。
 さらに、国会では、「早期の災害対応を求める決議」を採択された。
 県議の井原すがこは、少しでもお役に立ちたいという思いから、連日災害現場に出かけている。多くの地方議員も同じと思うが、国会議員は何をしているのだろうか。
 カジノ法案や参議院の定数増法案の審議をしている暇があったら、一刻も早く現場に入り、復旧の手助けをすべき。

人気ブログランキングへ

|

« 西日本豪雨 | トップページ | 定数増 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ある対談記事の中で、ドイツ市民は、
基本法第一条にある
「人間の尊厳の不可侵性」を信じている、
日本国憲法にも「基本的人権の尊重」
は書き込まれているが、
肝心な市民がそれを確信してはいない、
それを権力 ( 政治、行政、企業 etc.) に
付け込まれている、という一節があって、
なるほどその通りだな、と思いました。

投稿: 「人間の尊厳」 | 2018年7月12日 (木) 11時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66927414

この記事へのトラックバック一覧です: 豪雨災害よりカジノ審議:

« 西日本豪雨 | トップページ | 定数増 »