« 定数増 | トップページ | 訃報 »

2018年7月13日 (金)

避難勧告・指示

 今回の災害の際には、岩国でも、深夜にわたって避難勧告や避難指示が多数出されている。サイレンやメールで知らせたのであろうが、果たしてどの程度市民のもとに届いたのか。
 また、市民に届いたとしても、どの程度の人が実際に避難の行動をとったのだろか。
 まだ大丈夫・・・、私のところは安全・・・
 私もそうであるが、どうしても甘く考えてしまう。
 今回の被災地をみると、到るところで土砂崩れが発生し、河川が氾濫している。
 今までの常識は通用しなくなっている。
 行政も、ただ勧告を出すだけではなく、避難誘導も含めて、どうしたら実際に避難させることができるのか、具体的な対策を検討する必要がある。

人気ブログランキングへ

|

« 定数増 | トップページ | 訃報 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

もし仮に、今回市の中心部で降ったとされる
400ミリの2倍、3倍の豪雨が上流域を含め
錦川全域で発生した場合、避難が必要となる
市民全員を避難させることのできるハードを
含めた物理的対応能力が、現時点でそもそも
岩国市に備わっているのか …
福島核災害を発生させた東京電力のように、
被害の想定を “自らに都合の良い”範囲内に
収めておくような “操作” をしてはいないか …
このあたりから、まずはあらかじめ検証して
おく必要があるのではないのでしょうか。
そう言えば、たしか岩国は市街地の真下を
活断層が走っていると報じられてから
久しいと思いますが、市から具体的な備えに
ついて何か聞いたような覚えがありませんが …

投稿: 「行政の信頼性」 | 2018年7月14日 (土) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66937166

この記事へのトラックバック一覧です: 避難勧告・指示:

« 定数増 | トップページ | 訃報 »