« 上関原発訴訟判決 | トップページ | 世論調査 »

2018年7月20日 (金)

国会閉幕

 カジノ法が成立し、国会は事実上閉幕。
 記者会見で、首相は、「働き方改革、TPP、社会保障など次の世代のための改革を進めることができた・・・」
 言葉だけで中身は何もない。
 裏で、民主主義や法治主義を踏みにじり、お友達のために権力を使う。政治・行政に対する信頼を地に貶めた。その責任は、重大である。
 こんな政治では、国民の生活は決して良くならない。
 この国の未来も危うい。
我が家の小さな庭で見つけた友達、日々成長している。
0720

人気ブログランキングへ

|

« 上関原発訴訟判決 | トップページ | 世論調査 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 色々な解釈の余地はあろうかと思いますが、
安倍氏の思考や行動様式の根幹の部分、
とりわけその “負” の部分を、現在の多くの
日本人が共有してしまっている現実がある
ことが、やはり最大の課題なのだと思います。
 端的に言えば
“ 他者への思慮より自分の利益 (多くはカネ)”
そんな感じでしょうか、
そうした本音が再分配を嫌い、公助を抑制し
“自己責任” を強調する風潮を生み出していて、
それに乗る形での政権の支持が底堅いのだと
思います。
 さて、この国が真に民主主義の国であるならば、
こうした “持てる者” のエゴイズムが、
“持たざる者” の民意の力で「矯正」
される方向に向かう必然性はある訳で、
それに抵抗するための “予防線” を必死で
張ろうとしているのが現在の政治状況と
言って良いのではないかと思います。

投稿: 「愚鈍政治が押し付けるもの」 | 2018年7月21日 (土) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66962427

この記事へのトラックバック一覧です: 国会閉幕:

« 上関原発訴訟判決 | トップページ | 世論調査 »