« 艦載機の帰還 | トップページ | 空母ロナルド・レーガンがまた出港? »

2018年7月24日 (火)

 報道によると、「イージス・アショア」の取得費が、2基で4千億円、ミサイルの購入費なども含めると6千億円にもなる可能性があるとのこと。
 防衛省は、当初1基1千億円と説明してきていたが、いつものごまかしだったのか。
 緊張緩和が進む中で、安倍首相は、トランプ大統領にこんな高額な買い物を約束したのであろうか。
 壮大な税金の無駄遣いとして、安倍さん本人に責任をとってもらわなければならない。
 秋田県知事は、配備に反対を表明。山口県知事は、安倍首相足下の県としてものがいえないのだろうか。

人気ブログランキングへ

|

« 艦載機の帰還 | トップページ | 空母ロナルド・レーガンがまた出港? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ご主人が奥さんに隠して購入したカメラの
レンズの価額を、釈明のために自作した
偽の値札を箱に貼って言い逃れようとした、
そういう笑い話を聞いたことがありますが、
この国では正真正銘の政府機関が、
悪びれることもなく、白昼堂々、平然と
このような詐偽とおぼしき行為を “公務”
にしているわけです。
あるべき本来のところにお金は使われず、
それゆえに「傾国の危機」がどんどん進行してゆく
現象は、必然としか言い様がないのではないでしょうか。


投稿: 「公然と詐偽と呼ぶべき」 | 2018年7月25日 (水) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66983036

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 艦載機の帰還 | トップページ | 空母ロナルド・レーガンがまた出港? »