« 騒音記録 | トップページ | 文書改ざんに関する財務省報告書 »

2018年6月 3日 (日)

加計学園の説明

 5月31日、加計学園の渡辺事務局長が愛媛県庁を訪問、謝罪。
 記者とのやりとり(抜粋)
記者 県にどんな説明をしたか
渡辺 構造改革特区で何回も蹴られていて、なんとかひとつの形にしたいと(理事長が首相と面会したことを)私が言ったんだろうと思う。そのことをおわびした。3年前のことで面会をしたかは覚えてなかった。だが、県が文書を何もなく書くことはないので、あの時、たぶん自分が言っただろうと思う
記者 当時うそをついたということでいいか
渡辺 うそというか、そういう思いで説明したんじゃないかと思う
記者 自身の判断で
渡辺 そう、その場の雰囲気で
「多分、自分が、その場の雰囲気で言っただろうと思う・・・」
 謝罪に来たのに逃げている。こんないい加減な説明では誰も信じない。

人気ブログランキングへ

|

« 騒音記録 | トップページ | 文書改ざんに関する財務省報告書 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66791791

この記事へのトラックバック一覧です: 加計学園の説明:

« 騒音記録 | トップページ | 文書改ざんに関する財務省報告書 »