« 財務省の報告書 | トップページ | 日米首脳会談の成果 »

2018年6月 8日 (金)

忖度ではない

 森友問題に関する財務省の報告書を読んでいると、安倍首相や昭恵夫人、官邸との関係が何も出てこないところが、いかにも不自然。
 安倍首相に責任が波及するのを避けるために、官邸サイドの指示により改ざん、破棄が行われたことは明らかであり、巷間言われる「忖度」などという曖昧なものでは決してない。
 官房長官をはじめ官邸サイドとのやり取りなど関連する文書や証言なども必ず存在するはずだが、そうした肝腎の資料は、依然として隠されたまま。
 つまり、財務省主導で、むしろ安倍夫妻の関与を徹底的に隠すために周到に準備された報告書に過ぎず、ウソとごまかしに満ちたものでしかない。
 これで実態が解明されたとは到底言えない。

人気ブログランキングへ

|

« 財務省の報告書 | トップページ | 日米首脳会談の成果 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66809014

この記事へのトラックバック一覧です: 忖度ではない:

« 財務省の報告書 | トップページ | 日米首脳会談の成果 »