« 米朝共同声明 | トップページ | 日本の役割 »

2018年6月14日 (木)

米朝首脳会談

 朝鮮中央通信より、
 金委員長が「朝鮮半島の完全な非核化に対する確固たる不動の意志を再確認」した。非核化を進める過程は、段階別に、米朝双方が「行動対行動」の原則を順守することで両首脳が認識をともにした。
 金委員長は「米国側が朝米関係改善のための真の信頼構築措置を講じていくなら、(北)朝鮮側も引き続き次の段階の追加的な善意の措置を講じていくことができる」との立場を明らかにした。
 ワシントン・ポストより、
Trump said, there was “no longer a Nuclear Threat from North Korea,” and “everybody can now feel much safer.”
Secretary of State Mike Pompeo said the administration expected “major disarmament” by North Korea before the end of Trump’s term in January 2021.
 両者の認識には、かなり差がありそう。

人気ブログランキングへ

|

« 米朝共同声明 | トップページ | 日本の役割 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 何はともあれ、「ニクソン大統領の電撃訪中」、
それに素直に呼応した、当時の田中角栄内閣 …
 あの時代を想起された方も、少なからずおられる
のではないかと思います。
 そして、上野にランランとカンカンが来ました …
 あの当時と明らかに違うと思うのは、古色蒼然
とした観念論によって “引き戻された” 日本の政治
の硬直化した石頭ぶりであり、それを “受忍” する
社会を覆う抑圧的な空気感ではないでしょうか。

投稿: 「ダイナミズム」 | 2018年6月15日 (金) 04時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66830524

この記事へのトラックバック一覧です: 米朝首脳会談:

« 米朝共同声明 | トップページ | 日本の役割 »