« 加計文書 | トップページ | アメフト »

2018年5月22日 (火)

愛媛県文書

「ご指摘の平成27年(2015年)2月25日に加計理事長とお会いしたことはない」
「念のため(官邸の)入邸記録も調査したが、加計理事長が官邸を来訪した記録は確認できなかった」
「加計理事長とはこれまで何度もお目にかかっているが、これまで繰り返し答弁してきた通り、獣医学部の新設について話したことはない」
 愛媛県の職員が虚偽の文書を作る必要はない。加計学園もウソをつくはずがない。加計理事長が、新学部の創設についてお友達である安倍さんを頼るのは自然なこと。これまで明らかになった多くの資料がそれを裏付けている。
「信なくば立たず」政治家がよく使う言葉だが、安倍さんの「信」はまさに地に堕ちている。
0522

人気ブログランキングへ

|

« 加計文書 | トップページ | アメフト »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66749035

この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛県文書:

« 加計文書 | トップページ | アメフト »