« 空母の出港 | トップページ | パソコンのダウン »

2018年5月30日 (水)

党首討論

 野党4党全体の持ち時間が45分。野党第1党の立憲民主党の枝野代表でも19分。以下、その抜粋。
(枝野)「私や妻が関係したということになれば、間違いなく総理大臣も国会議員もやめる」と言った。ところが、28日の予算委では、贈収賄に当たらないから問題がないと聞こえる発言があった。急に贈収賄のような限定を付したとすれば、ひきょうな行為だ。
(安倍)昨年3月24日に同じ趣旨の答弁をしている。その後、今年の2月28日、3月28日、4月11日にも同趣旨の答えをしており、急に私が新しい定義を定めたわけでない。
(枝野)愛媛県文書にある、2015年2月25日に加計理事長が総理と面談したという記述について、加計学園はファクス1枚で、それは虚偽、間違いだったと発表した。これが本当だったら、総理のお友だちが理事長をしている学校が、総理の名前を勝手に使って物事を都合よく進めるために利用した。内閣総理大臣としてはしっかり説明してもらわなきゃ困ると言わなければおかしい。
(安倍)民間の学園が既にコメントを出しており、政府としてそれに対してコメントする立場にない。大事なことは、プロセスが公正、公平であったかどうかということではないか。
 
 ほとんどすれ違いで、討論になっていない。
 政党の代表が国民の前で議論する場であり、1時間位時間を取って、とことんやるべき。討論を逃げるようでは、政治家失格である。

人気ブログランキングへ

|

« 空母の出港 | トップページ | パソコンのダウン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この期に及んでなお、与野党の国対?で
裏取引をしているのでは、と疑われるような
名ばかりの “党首討論” だったように思います。
安倍氏は、何を聞かれようがはぐらかすことしか
眼中にないのですから、彼には、
彼をいかに感情的にさせるか、
それを考えて “挑発” に徹する位のほうが、
むしろ有効性があるのではないでしょうか。

投稿: 「議論不能」 | 2018年6月 1日 (金) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66777102

この記事へのトラックバック一覧です: 党首討論:

« 空母の出港 | トップページ | パソコンのダウン »