« 騒音の現状 | トップページ | 二鹿しゃくなげマラソン »

2018年5月 3日 (木)

憲法記念日

 テレビで、各党の代表が出席して憲法改正に関する議論が行われている。
 安倍さんの強調する改正の必要性は、主に次の2点のようである。
① 自衛隊違憲議論を終わらせるため
 法律的にも、常識的にも、9条の戦力不保持の原則と自衛隊の存在が矛盾していることは事実であろう。しかし、それは純粋な法律論であり、厳に違憲論争が行われているわけではない。すでに、多くの人にとって自衛隊は身近な存在になっており、少なくとも憲法との関係で疑問を持つ人はほとんどいないのでは。
「自衛隊員やその子供が肩身の狭い思いをする・・・」というような議論は、安倍さん得意の議論のすり替え、ごまかしでしかない。
② 日本を守るために必要
 自衛隊を普通の軍隊にして、アメリカと協力して世界の平和に貢献すると言いたいのだろうが、軍事に頼れば国を危うくするというのは常識であろう。
 悲惨な戦争に対する反省の中から、平和主義を選択したのである。
 普通の人は憲法改正の必要性など感じていない。それよりも、生活を良くして欲しいと願っている。
 改正、改正と騒いでいるのは、安倍さんたち一部に過ぎない。

人気ブログランキングへ

|

« 騒音の現状 | トップページ | 二鹿しゃくなげマラソン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

“伝統的な” 戦後保守の流れからしても、
おそらく奇人の部類に属すると思われる
安倍氏が、その “奇人性ゆえに”
殊更に憲法、憲法とわめき立てた
ものだから、何やら解らんが、憲法に不都合が
起きているのだろう …
一般の国民のこの問題に関しての認識は
その程度のものではないでしょうか。  
いずれにせよ、政権、というか自民党側が
出してくる “改憲案” なるものは、
「統治者の目線から」国民の管理、統制を
いかに容易にするか、という基本姿勢に
貫かれたものであり、現憲法からその民主的な
性格を後退させることこそが、隠された主目的で
あることを、国民共通の認識として広めて
おく必要があると思います。

投稿: 「統治者目線」 | 2018年5月 4日 (金) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66680665

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法記念日:

« 騒音の現状 | トップページ | 二鹿しゃくなげマラソン »