« 岩国爆音訴訟 | トップページ | 情報公開請求 »

2018年5月19日 (土)

岩国爆音訴訟(2)

 艦載機の激しい訓練を実際に体験してみると、単なる騒音被害ではなく、市民の生活を破壊する、憲法で保障された基本駅人権を侵すもの。
 もはや、防音工事などでお茶を濁しても何の解決にもならない。
 騒音を実際に軽減するために、飛行制限にまで踏み込む必要がある、
 米軍が絡むと、司法は判断を避ける傾向にある。確かに、他国の軍隊を直接規制することはできないかもしれないが、騒音被害の軽減に向けてアメリカと交渉するよう国に義務付けることはできるはず。
 基本的人権を守るための司法としての責任であろう。

人気ブログランキングへ

|

« 岩国爆音訴訟 | トップページ | 情報公開請求 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66738128

この記事へのトラックバック一覧です: 岩国爆音訴訟(2):

« 岩国爆音訴訟 | トップページ | 情報公開請求 »