« 蚊帳の外(2) | トップページ | シビリアン・コントロール »

2018年4月 5日 (木)

イラク日報隠蔽

 「廃棄した、ない」と言っていたイラク派遣部隊の日報が、1年前に確認されていたことが明らかになり問題になっている。
「驚きとともに、怒りを禁じ得ない」(稲田元防衛大臣)
「大変遺憾だ。1年間なぜ報告されなかったのか大きな問題。重要な事案を認知したら直ちに一報があるべきだ」(小野寺防衛大臣)
「南スーダンの問題で失った国民の信頼を回復しようと取り組んでいるさなかに、いいかげんにしてほしい」(防衛省幹部)
 野党の追及、マスコミの論調など、大臣に報告が上がっていない陸自内部の問題、シビリアンコントロールの問題としているようだが、違うのではないか。
 自衛隊としては、危険な任務の実態を広く知って欲しいというのが自然であり、日報を隠す理由はないと思われる。
 危険性を隠して自衛隊を積極的に海外に派遣しようとしていた政治が、南スーダンやイラクの日報の隠蔽を指示した。不満に思う自衛隊の内部から情報が漏れているのではないか。
 トップに座る安倍さんの意向で、異常なことが次々に起こる。
 森友・加計問題と同じ構図である。
0405

人気ブログランキングへ

|

« 蚊帳の外(2) | トップページ | シビリアン・コントロール »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

安倍政権、とりわけ、稲田朋美氏という、
リーダーとしての適格性が甚だ疑わしい
大臣のもとで、このような事態が発生する
こと自体には何の不思議もないでしょう。
ただ、自衛隊が海外でのPKO活動に参加
し始めた当初から、「安全で」
「人道支援である」という国内向けの
説明と齟齬を指摘されることを避けるために、
現地に赴いた隊員の本来の「記録」とは
別途に作成した「検閲済みの記録」を公式な
ものとして公表してきた、という実態は
以前から存在するようです。
「政治からの要請」が最大のファクターで
あることは揺るぎがないとしても、
「実力装置」を備えた自衛隊が、
“不都合なことは隠す” というこの国共通の
文化的組織風土を保持し維持しているとしたら、
それ自体も警戒の対象とする必要が
あるのではないでしょうか。

投稿: 「組織文化」 | 2018年4月 6日 (金) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66578620

この記事へのトラックバック一覧です: イラク日報隠蔽:

« 蚊帳の外(2) | トップページ | シビリアン・コントロール »