« 南北対話 | トップページ | 辞職と自殺 »

2018年3月 8日 (木)

 東日本大震災以来、「きずな」という言葉が、よく使われる。

 漢字をあてると、「絆」

 辞書をひいても、パソコンで変換しても、この字が出てくる。

    Kizuna_2

 

 最近できた愛宕山運動施設の「きずな」スタジアム。

 その看板の漢字が違うようである。

 岩国市が管理し子どもたちも大勢訪れる施設であり、早く直した方がいいのでは・・・

0308


人気ブログランキングへ

|

« 南北対話 | トップページ | 辞職と自殺 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 この看板が制作、掲示されるまでの過程で、
どのくらいの数の人の関わりがあったのでしょう?
 途中、誰ひとり違和感を感じた人はいなかったの
でしょうか。
 皆が皆の知識不足によるものか、気付きはした
ものの、大した問題ではないとして “スルー” したか …
 前者なら、昨今言われる “反知性主義” 蔓延の
ひとつの表れなのかも知れないですし、
後者なら “事なかれ主義” の結果なのでしょう。
 以前、「つつじヶ丘団地」駅の正式な名称ぐらい
「躑躅」という漢字を使えば、少なくとも
その住民は「躑躅」を覚えることができるのに …
外国人の方がそう言われていたのを
思い出しました。

投稿: 「素通り」 | 2018年3月 9日 (金) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66474549

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 南北対話 | トップページ | 辞職と自殺 »