« Air Operations Manual | トップページ | 国会での追及 »

2018年3月12日 (月)

決裁文書の改ざん

 財務省の決裁文書14件、200項目以上に及ぶ項目が書き換え、削除されていた。
 詳細は、まだ読んでいないが、これだけの改ざんを官僚だけで行うことは、絶対にない。
 政治家、それも、昭恵夫人、安倍首相の関与があったことは間違いない。
 いまだに、「忖度」という言葉が使われることも多いが、忖度では官僚はここまで無謀なことはしない。明確な指示があったのである。
 逆に、明確な指示、それも総理大臣の案件ということになれば、何も考えず無条件に従う。役人の悲しい習性である。
 どこの役所にも政治の意向が強く働くが、予算を握る財務省と政治の関係は特に深いはず。

人気ブログランキングへ

|

« Air Operations Manual | トップページ | 国会での追及 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

諸々はさておき、この問題がこれほど泥沼の
展開にたち至るに及んだのは、安倍氏本人が
国会答弁で「私か妻が」森友に関わっていた
とすれば、首相も議員も辞める、そう軽々しくも断言したことがおそらく起点なわけで …
会計検査院も、提出された文書に疑義があると見抜きながら、放置したと …
法治国家が聞いて呆れる体たらくでしょう。

投稿: 「弾劾すべき」 | 2018年3月13日 (火) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66490369

この記事へのトラックバック一覧です: 決裁文書の改ざん:

« Air Operations Manual | トップページ | 国会での追及 »