« 国会召集放置は憲法違反と提訴 | トップページ | 裁量労働制をめぐる議論 »

2018年3月 2日 (金)

公文書改ざん

 朝日新聞によると、森友学園に係る決裁文書を財務省が書き換えた疑いがあるとのこと。
 事実とすれば、刑事罰にも相当する重大問題。
 情報を隠すだけでなく、公文書の改ざんまでやるのかと驚くとともに、安倍さんの号令のもと、法令を無視して何でもやらされる財務省も哀れなもの。
 法律に基づき、国民のために働くという公務員としての誇りをもって欲しい。
「捜査に影響を与えるので、答弁は差し控える・・・」
 逃げの一手の理財局長。
 民間人ならともかく、例え捜査で不利になったとしても、役人であれば、国会に真実を明らかにする責任があり、こんな言い訳は通用しない。

人気ブログランキングへ

|

« 国会召集放置は憲法違反と提訴 | トップページ | 裁量労働制をめぐる議論 »

コメント

 思えば、仮に官邸からの “保身” が脳裏をよぎる
にしても、自ら「罪」に手を染めるリスクを犯して
まで、安倍氏の “逃亡” に手を貸す合理的な理由とは
何だろう、と訝しさが増すばかりです。
 政権批判に腰が引ける様子の近頃のNHKなどを
見ていても感じてはいましたが、やはり一連の
“不自然さ” の背景にあるものは “自主的な” 忖度など
ではなく、
むしろ “恫喝” に近い「圧力」なのは間違いない
と思います。
 そしてそれは、安倍という人物の個人に由来する
部分が極めて大きかろうことに疑問の余地はないの
ではないでしょうか。
 かつて安倍氏が、従軍慰安婦の番組に対する抗議
にNHKに押しかけて発言したとされる、
「勘ぐれ」
この言葉に、安倍氏を取り巻くすべての要素が
凝縮されているように思います。
 

投稿: 「勘ぐれ」 | 2018年3月 3日 (土) 02時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66453383

この記事へのトラックバック一覧です: 公文書改ざん:

« 国会召集放置は憲法違反と提訴 | トップページ | 裁量労働制をめぐる議論 »