« 絆 | トップページ | 職員の自殺、そして遺書 »

2018年3月 9日 (金)

辞職と自殺

 森友問題の現場、近畿財務局の担当職員が自殺。
 これが一つの引き金になったのか、渦中のあの佐川国税庁長官が突然の辞職。
 上司の命令に従って仕事をした一職員が、自らその命を立つ。
 強要され、嘘をつき、不適正な仕事をする、その精神的負担は相当なもの。
 国民のために胸を張って仕事をすることができる、そうした環境を整える人事管理がまったくできていない。
 もちろん、背景には、政治の責任がある。官邸ラインの明確な指示がなければ、官僚が不適切な取り扱いをするはずがない。
 ここまで役人を犠牲にして、よく平気な顔をおられるものだと思う。

人気ブログランキングへ

|

« 絆 | トップページ | 職員の自殺、そして遺書 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

森友の件に関しては、安倍夫妻の有形無形の
関与のほか、安倍氏に国政で協力姿勢を
示すことでその見返りとして “権益” を地元
誘導してきた大阪維新の府知事に、
維新取り巻きの建設業界、 更には何故か
国交省に居座り続ける公明の思惑も絡む
など、現政権の露骨な「縁故主義」体質が
芋づる式に結び付いた典型的な事例であった
ようです。
井原さんが指摘されているような点に
関しては、
まさにこれら “権力” を持つの人びとの
「人間が腐っている」
現実の反映が最悪の形で露呈しているとしか
言いようがないのではないでしょうか。

投稿: 「腐った人治主義」 | 2018年3月 9日 (金) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66478201

この記事へのトラックバック一覧です: 辞職と自殺:

« 絆 | トップページ | 職員の自殺、そして遺書 »