« 職員の自殺、そして遺書 | トップページ | 決裁文書の改ざん »

2018年3月11日 (日)

Air Operations Manual

 航空機の飛行ルールなどを決める岩国日米協議会の確認事項と実際の基地の運用マニュアルに違いがあるという。

 報道や山口県議会、岩国市議会の一般質問で指摘されていたので、原文を読んでみようと基地のホームページを探したが、すでに削除されたようで見つけることができなかった。

都合が悪いからといって、岩国市が削除を求めたのであろうが、市民だけでなく、米軍パイロットなども見ることができなくなり、重要な運用マニュアルの実効をどのように担保するのであろうか。

 これにより、飛行のルールが守られず、事故や騒音被害の発生につながったら、本末転倒である。

 姑息なやり方をするのではなく、改めて、ルールの見直しを行い、確実に実施されるよう日米の意思統一を図るべき。

0310

人気ブログランキングへ

|

« 職員の自殺、そして遺書 | トップページ | 決裁文書の改ざん »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66486515

この記事へのトラックバック一覧です: Air Operations Manual:

« 職員の自殺、そして遺書 | トップページ | 決裁文書の改ざん »