« 裁量労働制をめぐる議論 | トップページ | 国会召集放置は憲法違反と提訴 »

2018年2月26日 (月)

審査請求

 愛宕山運動施設現地実施協定書に関する1月25日付の非開示決定に対して、2月15日付けで、岩国市長に対して審査請求を行った。
 その主な理由は、次の通り。
・市民の権利利益に影響を与える外部機関との公的な協定書を秘密とする法的根拠はない。
・公表を禁止する合理的な説明なくして協定書の規定のみを根拠に非開示とすることは、条例違反である。
・すでに公開されている協定書の概要に相当する部分や事実関係に関する部分については、条例に基づき部分開示すべきである。
 詳細は、「草の根」のホームページの「活動報告」(http://kusanone-iwakuni.net)をご覧下さい。

人気ブログランキングへ

|

« 裁量労働制をめぐる議論 | トップページ | 国会召集放置は憲法違反と提訴 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66438552

この記事へのトラックバック一覧です: 審査請求:

« 裁量労働制をめぐる議論 | トップページ | 国会召集放置は憲法違反と提訴 »