« 名護市長選の実態 | トップページ | 公文書非開示決定 »

2018年2月12日 (月)

オリンピック

 平昌オリンピックが開幕。
 本来、国同士がメダルの数を争うものではないが、やはり、日本人選手の活躍が気になる。
 一方、金正恩の妹の金与正氏が開会式に参加、歓迎昼食会で、文大統領の訪朝を要請。
 こうした融和ムードに、日本は不満とのこと。
「北朝鮮は非核化への具体的な行動を一切示していないのに文氏が訪朝するなどありえない」
 日韓の思惑が大きくずれ始めている。

人気ブログランキングへ

|

« 名護市長選の実態 | トップページ | 公文書非開示決定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 ひと頃、日本が国際社会で存在感が希薄なのは
首相が短期間でコロコロ変わるからだ、という
“通説” がありました。
 さて、“憲政史上最長” の在任期間をうかがう
現在の首相のもとで、果たして日本の国際社会に
おける存在感はどのようになっているでしょうか?
 話は違いますが、北米の家電市場などでは
ハイエンドの製品は、もはや日本のソニーではなく、
韓国のサムスンであり、中国メーカーなのだそう
です。こうした状況を “拒絶” して排除している
国内の家電販売店が、ひと昔前に比してどことなく
精彩感に乏しいのも分かる気がします。
 安倍政権が「緊張緩和」に冷淡なのは、
「軍備拡大」、「日米同盟の強化」、「憲法改正」
いずれにとっても、“悪役” の存在が都合良く、
適度な “緊張状況” が維持されることを望む、
という本音が隠しようもなく露見する、
そういうこともあるのでしょう。

 

投稿: 「本心」 | 2018年2月12日 (月) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66383665

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック:

« 名護市長選の実態 | トップページ | 公文書非開示決定 »