« アメリカの核戦略見直し | トップページ | 名護市長選 »

2018年2月 4日 (日)

核兵器使用のハードル

 アメリカは、核戦略見直しにより、
 新たな小型核兵器や新型の核巡航ミサイルの開発を進めるとし、
 通常兵器など非核攻撃への反撃にも核を使用する可能性を明記。
 これにより、核兵器使用のハードルが一気に下がる。
 他の核保有国もこれに追随。
 結果、紛争における核兵器使用の可能性が格段に高まる。
 日本政府は、核の抑止力が高まると両手を挙げて歓迎するが、そんなに単純でいいのだろうか。
 抑止力が高まるどころか、国民を危険に陥れるもの。

人気ブログランキングへ

|

« アメリカの核戦略見直し | トップページ | 名護市長選 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日本政府は別に核抑止力そのものにそれほど確信が
あるわけではなくて、アメリカの政権が核軍縮を
推進するという方針を出せば、“諸手を挙げて”
歓迎することでしょう。(苦笑)
国内で勤労者の立場より、経営者の意向を100倍
尊重するのと同様に、国民の民意より、米国政府の
意向を1000倍 “忖度” することの平常運転でしか
ありません。
軍備による抑止力、という話を真剣に突き詰めて
ゆくなら、例えば沖縄や岩国といった自治体も
警察や消防と同様に独自の “軍隊” を保有し、
例えば沖縄の海や愛宕山に警備兵を配備して、
政府が “内戦も辞さす” と覚悟しなければ物事を
進められない状況を作り出すことを可能に
しておけば、“あきらめ”、
「抵抗しても無駄なので金を貰えば良い」と考える
人が出てくるのを防ぐことも出来るでしょう。
銃規制の論議でよく槍玉に挙げられる米国ですが、
「国民の抵抗する権利」を憲法で明確に保証して
いることは、その意味において筋が通っていると
思います。

投稿: 「核に限らず」 | 2018年2月 5日 (月) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66358554

この記事へのトラックバック一覧です: 核兵器使用のハードル:

« アメリカの核戦略見直し | トップページ | 名護市長選 »