« 名護市長選 | トップページ | ほほ笑み外交 »

2018年2月 6日 (火)

名護市長選−2

「反対しても変わらない」という声も・・・
 国という大きな力の前に揺れ動く人が出ることは避けられないし、それが選挙に影響する。これにより、民意は変わったのだろうか。いや違う。
 お金や圧力など様々な要因により、表面的な投票行動が変わっただけであり、移設反対という住民の意思は厳然と生きており、「民意」は、いささかも変わらない。
 選挙をねじ曲げ見せかけの民意を操作するのではなく、新基地建設の是非に関する本来の「民意」に正面から向き合い、その実現を図るのが民主主義の本来のあり方である。

人気ブログランキングへ

|

« 名護市長選 | トップページ | ほほ笑み外交 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

有権者心理に、「これ以上お上に逆らうと
何をされるか判らない」という意識を芽生え
させ、その “恐怖心” から投票行動を変え
させる、という手法はセオリーとしても確立
されているのだそうです。
そう言えば、岩国の場合の “雨ざらしの
建築途中市庁舎” もストレートに市民の
不安感、恐怖心を沸き立たせることこそ
“主目的” であったのだ、と考えれば合点が
行きます。
今回の沖縄の選挙の実態を詳しくは承知
しませんが、あの時の岩国の選挙を体験
した者からすれば “推して知るべし” としか
言いようがないものと思われます。
期日前の “動員” 投票数が投票日当日の
投票を上回るとか、
いやしくも “先進民主主義国” を自称する
国で行われる選挙とは言い難い、
「野蛮の香り」を感じます。

投稿: 「野蛮な政治」 | 2018年2月 7日 (水) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66365586

この記事へのトラックバック一覧です: 名護市長選−2:

« 名護市長選 | トップページ | ほほ笑み外交 »