« 騒音の激化 | トップページ | アメリカの核戦略見直し »

2018年2月 2日 (金)

昭恵夫人

 国有地売却をめぐり近畿財務局等と協議した際、籠池さんは昭恵夫人との電話のやりとりについて、次のように話していたという。
「昨日、我々が財務省から出た途端に、安倍夫人から電話がありましてね。『どうなりました? がんばってください』と言ってはったけど。何と答えたらええのか分からへんわ」と話していた。このことについて安倍首相は2日の国会で「妻に確認したが、電話していない」と否定した。
 あったことをあくまでないと否定する。
 自ら指示をしておきながら、知らないふりをし、役所に尻拭いをさせる。
 役所も付き合いきれないと思っているのか、内部資料が次第に明らかになりつつある。

人気ブログランキングへ

|

« 騒音の激化 | トップページ | アメリカの核戦略見直し »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66350805

この記事へのトラックバック一覧です: 昭恵夫人:

« 騒音の激化 | トップページ | アメリカの核戦略見直し »