« 新しい年を迎えて | トップページ | 岩国市からの回答 »

2018年1月 2日 (火)

羊蹄山

Img_0981  北海道の友人が撮影したもの。
 ニセコヒラフのスキー場に何度か行った事があるが、そこから眺める羊蹄山が、まさにこんな感じ。
 富士山と同じような独立峰であり、その存在感は圧倒的。「蝦夷富士」と呼ばれる所以。
 体力のある内に、もう一度、アンヌプリの頂上から滑ってみたいものだ。

人気ブログランキングへ

|

« 新しい年を迎えて | トップページ | 岩国市からの回答 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

大阪や上野から陸路青函トンネル経由で北海道上陸の途があった時には、半ばそれを目的によく脚を運んだものですが、その “動機” が失われた今では
旅情の乏しい (と感じる) 航空機を使ってまで北海道に行くという意欲も低下したように感じます。
現在のジェイアール各社の “豪華寝台列車” なるものは、結局のところ、内外の “お金持ち” を当て込んだとおぼしき “荒稼ぎ” 臭が鼻につき、興味の対象にもなりにくいところです。
どうせなら、新潟から列車を海上輸送して、シベリア鉄道経由サンクトペテルブルクまで走らせる …
そんなスケール感のある構想を立てることさえ、
今の内向き日本人の発想では難しいのかも知れませんね。

投稿: 「選択肢」 | 2018年1月 3日 (水) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66234028

この記事へのトラックバック一覧です: 羊蹄山:

« 新しい年を迎えて | トップページ | 岩国市からの回答 »