« 防衛大臣への公開質問状 | トップページ | 核の抑止力 »

2018年1月17日 (水)

ICAN事務局長

ICAN事務局長と国会議員との討論より(16日)
(事務局長)
「北朝鮮の核開発を止めるために、アメリカや今世界にある1万5000もの核兵器は何の役にも立ちませんでした。むしろ核開発を煽ってきました」
「『核の抑止力』が神話にすぎないことは明らかです。北朝鮮の核開発を止める力はなく、むしろ推し進めてきました」
「北朝鮮が核兵器を持つことに不安を感じるのは、核兵器が平和と安定をもたらさないことをみなさんがすでに知っているからです。私たちは核兵器を禁止することで、この危機を乗り越えられるのです」 
「自国の防衛のために核兵器の力に頼ることは恥ずべき行為だと、国際社会が考える中で、日本は最後まで核にしがみついていた国になりたいですか?」
「それとも日本は正しい道を選んだリーダーとして、同じく『核の傘』の下にある国々のお手本になりたいですか」
 これに対して、外務副大臣は、陳腐な「核抑止論」を持ち出すだけ。
 議論のレベルが違う。

人気ブログランキングへ

|

« 防衛大臣への公開質問状 | トップページ | 核の抑止力 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 そもそも、日本国内でも、野党議員なり、
報道関係者が日常的にこうした論調で議論を
展開すべきなのだと思います。
 外交の問題であるからと言って対外的に
与野党が “一致” する必要はないし、報道も
政府の広報を無批判に垂れ流すような恥ず
べきことは、いい加減に “卒業” すべきでは
ないでしょうか。
 健全な民主主義社会を構成する上で
必要不可欠なプレーヤーが、その自覚を
欠くために、世論が歪んだ形で “翼賛化”
してしまう温床になっていると感じます。

投稿: 「健全な多様性」 | 2018年1月18日 (木) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66290041

この記事へのトラックバック一覧です: ICAN事務局長:

« 防衛大臣への公開質問状 | トップページ | 核の抑止力 »