« 口裏合わせ | トップページ | 李下に冠を正さず »

2017年12月 3日 (日)

気になること

 報道ぶりで以前から気になることが、2つある。
 一つは、流行語にもなっている「忖度」。
 「忖度」とは、安倍さんや昭恵夫人の意向を推し量って、官僚が自分の判断で行動するという意味であろうが、それでは、安倍さんや昭恵夫人の責任はないということになる。官僚は慎重であり、忖度では絶対に動かない。そこには、彼らの明確な指示があったはず。 
 二番目に、文書管理の不備
 会計検査院の指摘にもあったが、財務省により決裁文書などが廃棄されていて検証できないとされている。すでに規定により廃棄されているという説明であるが、そんなはずはない。慎重な官僚は、どんな文書もそんな簡単には捨てない。むしろ、文書は無駄に保存され机の上や書棚に積み上がっているのが常。ないとすれば、疑惑を隠すために、意図的に捨てたのであろう。
 いずれも、重大な犯罪であり、その責任を問う必要がある。

人気ブログランキングへ

|

« 口裏合わせ | トップページ | 李下に冠を正さず »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66118472

この記事へのトラックバック一覧です: 気になること:

« 口裏合わせ | トップページ | 李下に冠を正さず »