« 政治の言い訳 | トップページ | ティラーソン米国務長官の発言 »

2017年12月13日 (水)

サーロー節子の演説

 国連での核兵器禁止条約の採択に尽力した国際NGO団体のICANが、ノーベル平和賞を受賞した。ノルウェーのオスロでの授賞式(12月10日)に出席したサーロー節子さんの演説より(抜粋)
 今年7月7日、世界の大多数の国々が核兵器禁止条約の採択に賛成したとき、私は喜びで一杯になりました。私たち被爆者は、72年間、核兵器が禁止されることを待ち続けていました。これを、核兵器の終わりの始まりにしようではありませんか。
 責任ある指導者であれば、必ずやこの条約に署名するに違いありません。署名を拒否すれば、歴史の厳しい審判を受けることになるでしょう。
 核武装した国々の当局者と、いわゆる「核の傘」の下にいる共犯者たちに言います。あなた達は、それぞれ、人類を危険にさらす暴力の体系を構成する不可欠な要素となっているのです。
 世界のあらゆる国の全ての大統領と首相に懇願します。この条約に参加して下さい。

人気ブログランキングへ

|

« 政治の言い訳 | トップページ | ティラーソン米国務長官の発言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66155583

この記事へのトラックバック一覧です: サーロー節子の演説:

« 政治の言い訳 | トップページ | ティラーソン米国務長官の発言 »