« サーロー節子の演説 | トップページ | 増税 »

2017年12月14日 (木)

ティラーソン米国務長官の発言

 12日のティラーソン米国務長官の発言(報道より抜粋)
 北朝鮮が望む時にいつでも、前提条件なしで対話をする用意がある」
 また、北朝鮮を核保有国として認めないことを強調。対話をするためには「静かな期間が必要だ」と述べ、北朝鮮が一定期間、核実験や弾道ミサイル実験を中止する必要があると強調した。
 北朝鮮が核開発を放棄してから、交渉を始めるというのは「現実的ではない」と指摘。
 まず対話を始めることで、米側が核放棄に向けた工程表を示すことができるとの考えを示した。

人気ブログランキングへ

|

« サーロー節子の演説 | トップページ | 増税 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66159305

この記事へのトラックバック一覧です: ティラーソン米国務長官の発言:

« サーロー節子の演説 | トップページ | 増税 »