« 増税 | トップページ | 退避計画 »

2017年12月16日 (土)

避難所の追加指定

 ミサイル攻撃などの武力攻撃に備えて、国民保護計画に基づき、都道府県が避難施設の指定を行うことになっている。
 現在、小中学校や公民館など全国で、約9万箇所が指定されている。
 11月下旬、総務省消防庁は、北朝鮮情勢の緊迫化に伴い、避難施設を追加指定するよう都道府県に指示し、併せて収容人数の把握も行うとのこと。
 今頃こんなことを言っているとは、驚きである。
 さらに、市町村レベルでは、その避難所の場所や、避難誘導の方法などに関する住民への周知はほとんど行われていないのではないか。
 安倍さんは、「日本を守り抜く」と繰り返し言っているが、例によって中身が伴っていない。いつ緊急事態が発生するかわからないという状況で、国から地方まで、こんなにのんびりしていいのだろうか。

人気ブログランキングへ

|

« 増税 | トップページ | 退避計画 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66166229

この記事へのトラックバック一覧です: 避難所の追加指定:

« 増税 | トップページ | 退避計画 »