« 市議選の公募 | トップページ | 慰安婦問題 »

2017年12月28日 (木)

立憲民主党の基本政策

 政府与党に対峙し政権交代を目指すのであれば、基本的な政策において明確に別の選択肢を示すべきである。
 立憲民主党が、基本政策に普天間飛行場の名護市辺野古への移設について「再検証する」と明記したとのこと。
 一定の評価はできるが、民主主義を標榜するのであれば、「沖縄県民の意思を尊重する」とさらに踏み込むべきである。
 原発についても、再稼働を認めず、年限を切って廃止するという方針を明確にし、曖昧さを払拭すべきである。

人気ブログランキングへ

|

« 市議選の公募 | トップページ | 慰安婦問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66211572

この記事へのトラックバック一覧です: 立憲民主党の基本政策:

« 市議選の公募 | トップページ | 慰安婦問題 »