« 立憲民主党の基本政策 | トップページ | 新しい年を迎えて »

2017年12月30日 (土)

慰安婦問題

 慰安婦問題が、再び、動き出している。
「国家間の合意を変更することは許されない・・・」
 多くの論調である。
 しかし、国同士の合意だとしても、そこにそれぞれの国民の思いが十分に反映されているのかという視点も欠かせない。
 先方の思いは様々伝わってくるが、私たち日本人はどのように考えているのだろうか。
「加害国としてその非を認め、率直に謝罪すべき」
 少なくとも私は、そう思う。
 国民同士の相互理解無くして、真の和解なし。
 「日韓関係がマネージ不能となる」
 河野外相のコメントであるが、大切な隣国との外交を円滑にすすめることができず国益を大きく損なっている政府の責任は重大。

人気ブログランキングへ

|

« 立憲民主党の基本政策 | トップページ | 新しい年を迎えて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66221633

この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦問題:

« 立憲民主党の基本政策 | トップページ | 新しい年を迎えて »