« トランプ接待ゴルフ | トップページ | トランプ大統領の来日 »

2017年11月 3日 (金)

質問時間の配分

 自民党の若手議員が、質問時間の配分(与党2:野党8)の見直しを求めているという。
 質問の機会が少ないので議席数に見合った配分をというのが表向きの理由だが、森友・加計問題等に関する野党の追及を制限することを狙ったもの。
 もちろん、安倍さんの指示で若手が使い走りをさせられている。
 地方議会でも国会でも、与党議員の質問は、政権や行政を持ち上げるだけで緊張感もなく、ほとんど中身もない。
 官僚の作文もあり、漢字を読み間違えることもあるという。

人気ブログランキングへ

|

« トランプ接待ゴルフ | トップページ | トランプ大統領の来日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/65999696

この記事へのトラックバック一覧です: 質問時間の配分:

« トランプ接待ゴルフ | トップページ | トランプ大統領の来日 »