« 岩国市との協議 | トップページ | 加計疑惑 »

2017年11月14日 (火)

小池代表の辞任

 代表辞任の弁(一部抜粋)
「今回の人事についても玉木さんに一任し、任せてきた。国政については、やはり国政の皆さま方にお任せしていきたいと思っている。その意味では、私は創業者の責任として代表でスタートしたが、私はこれからはむしろ皆さま方にお任せして、方向性は決まっているので、それをしっかりと進めていただくという、それを基にした上で私は代表の座を降りさせていただいて、しかるべき形でサポートできるようにしていきたいと思っている。創業の1人として、創業の心を皆さんと分かち合えるような思いで、何よりも1000万人の方々が希望の党と書いてくださった。この重みをみんなでシェアしていきたい」
 わずか1ヶ月半前に一人で政党を立ち上げ、都民の期待を裏切り、今回その政党の代表を辞めて、選挙で希望の党に投票した1000万人の有権者の信頼を裏切る。責任ある政治家として、到底許されることではない。
 もはや、彼女が何を言っても、信用できない。政治家失格である。
 存立の基盤を失った希望の党も、早晩消滅する。

人気ブログランキングへ

|

« 岩国市との協議 | トップページ | 加計疑惑 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/66044435

この記事へのトラックバック一覧です: 小池代表の辞任:

« 岩国市との協議 | トップページ | 加計疑惑 »