« 投票日の前夜 | トップページ | 野党の動き »

2017年10月23日 (月)

選挙の結果

 選挙が終わって感じること。
1.解散について
 総理の専権事項と言われるが、違う。憲法にはそんな規定はない。
 少なくとも、重要な課題につき新たな民意を問う必要がある場合に限定されるべき。
 今回の解散は、野党の弱体化に乗じた森友・加計疑惑隠しであり、こんな恣意的な解散は、憲法違反で許されないこと。
2.野党の混乱について
 小池人気に擦り寄り、民進党を解体するという判断は、あまりにも軽率であった。
 全国の党員や地方議員を無視して、国会議員だけで重要な判断をすることは、政党のあり方として根本的に間違っている。
3.新党の誕生について
 混乱の中から理念を大切にする政党が誕生し、予想外の指示を受けたことは評価できる。
 野党再編の動きの中で、「草の根民主主義」という精神を大切にし、国民に基盤をおく本来の政党として成長することができるか、今後の推移を注視する必要がある。

人気ブログランキングへ

|

« 投票日の前夜 | トップページ | 野党の動き »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

2区の数字についてだけですが、松田氏が
意外と善戦されたなあ、という印象を受け
ました。自民と共産、という択一になった
場合、もう少し自民に流れるかという気が
していたのですが、岸氏の岩国での得票は
“自民固定” の4万票をそう上回ることは
ありませんでした。
裏を返せば、例え候補が共産であろうと
「反自民」のほうを優先する有権者が
“保守王国” 山口の田舎町でも相当数存在
することが証明されたということで、
それなりの示唆に富む結果であった
ように思います。

投稿: 「反自民で結束を」 | 2017年10月24日 (火) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/65954633

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙の結果:

« 投票日の前夜 | トップページ | 野党の動き »