« 草の根会報第19号 | トップページ | リベラルとは »

2017年10月31日 (火)

愛宕山スポーツ施設の共同使用

 愛宕山野球場エリアの日米共同使用に関する合意が行われ、30日、岩国市議会で管理条例が可決された。
 これにより、11月4日から使用が開始される。
 先の9月議会では、野球場のみとされていたが、最終的には、ソフトボール場やバーベキュー施設なども含めて区域全体を岩国市が管理することになったとのこと。
 日米合意などが明らかにされておらず、詳細は不明。
 今後の草の根集会の日程は、次の通り。
 11月1日(水)13:30〜 一本杉団地自治会館(海土路町)
         16:00〜 由宇文化会館
    4日(土)13:30〜 装束供用会館
         16:00〜 室の木中供用会館

人気ブログランキングへ

|

« 草の根会報第19号 | トップページ | リベラルとは »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

と、言うことはもしかすると維持管理費を
岩国市が負担する事態の発生も予想される?
( “国” の支出でも税金をもとにした米軍への “贈賄” であることに変わりありませんが … )
多くの市民にとって生涯一度も恩恵に預かることなくただあそこに “放置” されているだけのシロモノでしょうに。
どうせなら、市単独ででもカープと共同利用の新球場を由宇に建設したほうが “地域振興” 「観光振興」にも直結し、はるかに有意義だったのではないかと思います。

投稿: 「無用の長物」 | 2017年11月 1日 (水) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/65987720

この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕山スポーツ施設の共同使用:

« 草の根会報第19号 | トップページ | リベラルとは »