« 錦川鉄道に新駅? | トップページ | 解散権の濫用 »

2017年9月17日 (日)

錦帯橋架替

 錦帯橋を20年毎に架け替えるという方針が見直されたと聞き驚いた。
 50年振りに行われた平成の架替(2004年)を教訓として、専門家の意見も聴き、20年ごとに一部の架替を行うという方針が決定された。
 20年であれば、私たちが一生の間に何度か体験することができる期間であり、そこを目標として、用材を調達し、技術者を育成するなど、市民みんなで盛り上がることができる。
 もちろん、伊勢の遷宮のようにイベント化することにより、観光客の誘致にもつながる。
 渡橋料を基金として積み立てており、財源も十分にあるはずだが・・・
 歴史的にも20〜30年間隔で架替が行われており、その伝統を復活し、今後何百年にもわたって維持されるべき方針だと思われる。 
 従来の方針を見直す必要性がどこにあるのか、明確に説明すべき。

人気ブログランキングへ

|

« 錦川鉄道に新駅? | トップページ | 解散権の濫用 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/65799121

この記事へのトラックバック一覧です: 錦帯橋架替:

« 錦川鉄道に新駅? | トップページ | 解散権の濫用 »