« 希望の党 | トップページ | 民進党の解体(2) »

2017年9月29日 (金)

民進党の解体

 民進党には、正直がっかりした。
「安倍政権を倒す、政権交代のために名を捨てて実をとる・・・」
 これが最善の方法だと胸をはる前原さん、あまり異論も出ず、まとまる党内。
 自らの理念や政策、これまでやってきたことに誇りはないのだろうか。
 できたばかりで寄せ集め、考え方は安倍さんに近い、そして一時の小池ブームに終わるかもしれない・・・
 すべてを賭けるに足る新しい動きだとは、到底思えないが。
 民主党を作り支えてきた人たちは、今何を考えているのか。他党の名で戦うことに嬉々としているのだろうか。
 選挙目当てだとしたら、何をか言わんや。

人気ブログランキングへ

|

« 希望の党 | トップページ | 民進党の解体(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今日のニュースで前の滋賀県知事だった方が “希望の党” から立候補する、というのがあって、一連の動きのおおまかな人物的背景といったものは読めてきたように思います。
民進党議員は目前の選挙をしのぐことしか眼中になく、(そもそも矜持があって政治家になった人がいない)、無自覚 (わざとかもしれませんが) に “小池応援団” の役割を演じているTVという媒体に最大の問題があろうことは明白ですが、やはり “政治 (社会) を理解出来ない” 現状の国民 (自覚した「市民」ではない) の弱点をうまく突かれているとしか言えません。
安倍晋三や小池百合子は日本人が選んだ
だから、日本人には「責任」がある。
北朝鮮の人は金正恩を選んだわけではない。だから北朝鮮の人にはその意味での
「責任」はない。
今日ネット上で見かけた言葉です。

投稿: 「烏合の … 」 | 2017年9月29日 (金) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/65853249

この記事へのトラックバック一覧です: 民進党の解体:

« 希望の党 | トップページ | 民進党の解体(2) »